ガイドブック「三世のきずな」

はじめてお仏壇を購入しようとご考慮される方はそもそも仏壇とは何か?から始まり宗派の定めるご本尊・お位牌のお祀りの仕方、仏具の使い方、そして、仏壇の選び方、更に仏教並びに仏事ごと等など解らない事が多いのではないかと存じます。

ガイドブック「三世のきずな」の趣旨は、このような不明点を解決すべき事に重点を置きご案内致しました専門書でございます。

 

仕様:A4カラー139ページ

定価:1,890円(送料は無料)

※支払方法は代金引換えにてお願い申し上げます。

表題の趣意

仏教用語に刹那三世という言葉があります。刹那とは一瞬・極めて短い時間の事を指します。

三世とは過去世・現世・未来世のことを言います。

刹那三世とは、現在は次の瞬間に過去となり、未来は次の瞬間に現在となる。

このように一瞬一瞬の内に三世を具することであります。

過去は終わりではなく、過去があればこそあらゆる生命が受け継がれて今がある。

三世のきずなの表題はこの意味を深くとらえました。

掲載内容

「三世のきずな」の掲載内容をご紹介致します。

お仏壇の素材と製造工程
仏壇に使う銘木や素材、仏壇の製造工程についてご紹介しています。練りなどの工法の図解も説明しており、「同じようなサイズなのに大幅な価格差があるのはなぜなのか?」といった疑問が解決します。
お仏壇の主な種類
唐木仏壇、金仏壇から家具調仏壇、美津満留オリジナル仏壇から伝統的工芸品まで、当店でご提供している仏壇を豊富な写真と説明にてご紹介しています。
宗派によって異なる本尊、荘厳の仕方
宗派によって定められている本尊仏・脇仏・宗祖から荘厳の仕方(仏具の並べ方)まで、わかりやすい図によってご説明しています。日本の仏教宗派の系譜図も掲載しています。
浄土とほとけさまの法力
浄土とは何か?須弥山とは何か?仏教の宇宙感というべき須弥山思想をご紹介します。また、お釈迦さまが説いたと伝えられる浄土三部経のストーリーを中心に、各宗派の崇拝するほとけさまや宗祖の法力や教えについて、わかりやすく説明しています。
中陰・施餓鬼会
人が亡くなった後、その魂はどこに行くのか?その過程はどのように進むのか?仏教における中陰の思想についてご紹介します。また、お彼岸やお盆、お盆の前後に行なう施餓鬼会の意味についてもご説明しています。
「三世のきずな」の購入をご希望の方は、こちらからお問い合わせください。
お問い合わせ

ページトップへ